はるまついぶき

ミスチル 、Queenを愛する3歳児育児ママ。日々頭にある事を綴っていきます。

胸キュン小説『制服のころ、君に恋した』で青春時代をもう一度!笑

 なんだこれ!!ものすごい青春!

胸キュンにも程がある!ひゃーーーー!!!

っと一気読みしたのがこの小説。笑笑

制服のころ、君に恋した。 (講談社文庫)

制服のころ、君に恋した。 (講談社文庫)

 

まじで、ヤバイです。

 

漫画家さんの描く小説だからか?情景がスッと絵で入ってきて、感情移入しまくりなんです。

しかも、文字数も多くなくて文章が苦手な人でもスッと軽く読める。なのに大号泣。

 

そうだ、私が欲しかったのはこんな純愛!

いつからこうなってしまったんだ!?

ハッとさせられました。笑

 

物語は教員の主人公、奈帆の目の前に10年前他界した当時の恋人シンタが現れる、といった話。江ノ島というロケーションがまた素敵で、その場面や風景を漫画家らしい目線で見させてくれます。

f:id:niconicoyuri:20181031231750j:image

大人になった奈帆と、当時のシンタとのやりとりが始まり。。というストーリー。

 

これ以上はネタバレになるので書きませんが、涙なしでは読めませんでした。

 

いい歳だし、コテコテな青春恋愛モノはちょっと。。と思われる方多いと思います。が、

なんと言うんですかね、この物語はスッと読みやすくてグングン吸い込まれていってしまうんです。まさに一気読み。

忘れかけてたあの時代を取り戻させてくれますよ〜笑

オススメです!