はるまついぶき

ミスチル 、Queenを愛する2歳児育児ママ。日々頭にある事を綴っていきます。

金魚の飼い方〜ど素人の金魚迎え入れ準備編〜

結婚5年目にして、夫婦共に念願の金魚を飼いました!

赤白の『更紗琉金

黒い『出目金』の2匹。

しっぽがヒラリヒラリ★うっとり見惚れるほどキレイ〜

f:id:niconicoyuri:20181125102444j:image

金魚なんて子供の頃に実家で飼っていたくらいで、

そもそも何が必要なのか?

どうやって飼育するのか?

掃除はどうやるのか?

気をつけないといけないことは?

 

全く知識のないど素人の2人。

金魚を購入した専門店で水槽のスターターキットをセット買いし、その他は店員さんに必要なものを一から細かく教えてもらいました。

 

ということで今回初めて金魚を飼うにあたり買い揃えたもの。

家に連れて帰った後の注意点をまとめました!

 

①買い揃えたグッズ

⑴水槽(エアーポンプフィルター、LEDライト付き)

設置場所が奥まっていてちょうど影になる場所だったので、ライトが無いと薄暗いです。買ってみて正解でした。

⑵水槽の底にひく砂利 

スドー メダカの焼玉土 黒 2.5L

スドー メダカの焼玉土 黒 2.5L

 

 こちらは舞い上がって掃除が面倒にならない&金魚が食べない程度の大きさというのがキーワード。それを念頭に好きな色身をチョイス!

だいたい大きく分けて白、茶色、ミックス、黒の4種類でした。

我が家は旦那の希望で「黒!」にしましたが、後で気づきました。出目金ちゃんと色が被る!笑

ということで金魚さんたちの色身も念頭に入れることをお勧めします。

⑶液体ろ過材(カルキ除去、水質保護)

リバース・リキッド フレッシュ 250ml [その他]

リバース・リキッド フレッシュ 250ml [その他]

 
 魚を飼う上で重要な水質!こういったものを買わなくても一日前からバケツに水を溜めて外に出しておけばカルキ抜きできるそうです。

我が家はなんか面倒&不安なのと、この液体を混ぜることで水質が保たれてコケを抑制⇒水換えの回数が減る!

という事に魅力を感じ購入!

魚の飼育&お世話に自信のある人は不要ですね。

⑷スリムネット (水換え時の金魚捕獲&ゴミキャッチ)

スドー スリムネットしなり M

スドー スリムネットしなり M

 

 こちらは数ある中で店員さんが「これ、うちの店でも使っています。使いやすいのでお勧めです!」と教えてくれたもの。即買い!笑

⑸プロホースエクストラ(水換えポンプ) 

水作 プロホース エクストラ Mサイズ
 

 こちらは水替えと砂利掃除が一度でできるという優れもの!!!

バケツを用意してセット。ポンプで砂利ごと汚水を吸い上げ、ついでに砂利の汚れも落としてくれるそうです!なんというアイデア商品。

後日、使用レポート記事もアップしたいと思います。

⑹その他(水槽内オブジェ)

我が家は掃除が楽そうな流木を投入しました。(お店で専門に販売していたもの)

なかなか雰囲気が出ていて、買って正解。

金魚さん達もトンネルのように潜り抜けて遊んでくれています。

ただ、こちら店員さんから言われていたとおり、3日もするとケバケバのものがうっすら出てきてているのが見えました。触るとヌルヌル。。

金魚に害はないそうですが、水質のために取り出して水洗いして取り除く必要があるそうです。(3回くらいは出てくるかも?とのこと)

f:id:niconicoyuri:20181229071527j:image

②連れ帰ってからの注意点

金魚はとても繊細。水温や環境が変わっただけで弱って死んでしまう事もあるそうです。

そんなに繊細だったのか!

どおりで子供の頃、水槽の掃除をすると翌日くらいに死んでいる事が何度かあったな、と思い出しました。

という事で、店員さんから指導されたお引越し方法がこちらです。

⑴自宅に持ち帰ったら、カルキ抜きをして事前に用意しておいた水槽内に袋のまま30〜1時間程入れる。

(水温調整のため。袋の温度と水槽の温度を合わせます。)

f:id:niconicoyuri:20181125150157j:image

⑵袋をそーっと開けて水槽内の水を袋の中に少量入れる。口を縛って浮かせておく。

f:id:niconicoyuri:20181125150234j:image

⑶10分後にもう一度水槽内の水を少量入れる。

(これを合計3回やり、徐々に水槽の水を混ぜていき慣れさせる。)

⑷袋の中身を金魚ごと水槽に入れる!

f:id:niconicoyuri:20181125150317j:image

⑸エサは2〜3日はあげずに様子見る。

これで完了です!!

 

エアーポンプの水流が強くて金魚が負けてる場合などがあります。水槽内に放ったらしばらく様子を観察して異変がないかチェックしましょう!

 

ということで無事我が家の家族となった金魚さん達。

ついつい目がいくとジィーっといつまでも見ていられる。可愛くて可愛くて、見惚れてしまう今日この頃です★

 

今回は金魚迎え入れの準備についてまとめてみました!

今後はお世話や管理について定期的に更新していきたいと思います。