はるまついぶき

ミスチル 、Queenを愛する3歳児育児ママ。日々頭にある事を綴っていきます。

金魚の餌の重要性。いじめ問題からの"転覆病"

金魚を飼い始めて半月。

毎朝娘と共に朝ごはんを食べた後に金魚の餌やりタイムが至福の時。

 

餌やりのポイントは水質汚染防止の為『5分で食べ終わる量』が理想とのことで、なるべく水槽の底に溜まぬよう、少しあげては様子見て。

無くなってきたらまたあげて。だいたい5分間であげきるようにしています。

 

飼い始めた当初は以下の前回ブログにあげた通り『始めの2、3日はエサをあげない』というルールがあった為、エサを水面に落としても2匹とも全く気づかなかった!

 

それが今では水槽に近づいただけでパクパクパク!

 

『金魚さーーん!納豆どうぞー!』

とおままごとの茶碗を水槽の前にさっさと運ぶ娘にも

パクパクパクパク!!!

勘違いして近寄ってきます。笑

 

金魚たちがどんな風に食べるのかな。この大きいやつ口に入るかな。この量じゃ足りないかな。と観察していると、

f:id:niconicoyuri:20181207055139p:image

あ!!白赤の琉金が、黒の出目金に体当たりしてないか!?

 

水面のエサを食べ終わり、底にエサが落ちてないか一生懸命探し回る黒出目金を白赤の琉金が体当たりで追い払っています。。

 

2匹しか買ってないのに!

お店の人にも確認して、この2種類ならヒレの大きさも同じだし同居可能だと、了承済みだったのに。

やはりそれぞれの相性や性格までは分かりませんもんね。

 

『もしかして餌が足りてないのかも?』

いつもあげてる餌は水槽購入時に試供品で付いてきた『フレークタイプ』ペラペラのカラフルなやつです。

食べた気しなくて喧嘩になってるのかもと予想して、その日は1日に2回餌をあげました。

 

すると。。。

f:id:niconicoyuri:20181211193145j:image

夕方気づいたら白赤の琉金が上に浮き上がりそうになるのを必死に下へ下へと泳いで食い止めています!!!

恐らくお腹に空気が溜まってるようで気を抜くと体が横になるんです。

 

出目金もそこまで酷くはないにしろ、上で泳いでいる!

どうしよう!

慌てて購入したお店に電話すると、

 

『もしかしてペラペラのフレークの餌あげてませんか?』

とのこと。

そうですけど!!!!?

 

琉金や出目金などお腹の大きなプックリしたタイプの金魚にはフレークは不向きなんだとか!

浮かんだフレークを食べる時に空気も飲み込んでしまうので、お腹に空気が溜まって転覆病になりやすいそうなんです。

 

そんな事も知らずに2週間もあげ続けてしまった。。

たしかに、試供品で付属されていたフレークを見た時、こんなペラペラので良いの?!

と思いましたが。

 

なんせ餌のパッケージの写真が

まさにウチと同じ綺麗な琉金【金魚のエサ】と書いてあったもので。

 

お店の人に教わった転覆病対策はこちらです。

『2、3日は断食して様子を見る』

『金魚の負担が大きければ専用の塩の薬を水槽に混ぜる』

『良くなってきたら沈下性のエサをあげる!』

 

我が家の金魚たちは幸い翌朝には通常通り泳げていて、大事には至りませんでした。

2日ほど断食したのち、沈下性のエサを購入、無事転覆病を乗り切れました。

それがこちらです。↓

金魚元気プロバイオパワーフード沈下性70g

金魚元気プロバイオパワーフード沈下性70g

 

生き物を飼うということ。

餌の選択ミスという、重大な誤りによって大切な命を危うく失うところでした。

反省しかありません。

 

ちなみに琉金の出目金へのイジメは今だにエサを食べる時だけたまに見受けられます。

引き続き見張り、対策を打たねばなりません!

 

まだまだ気は抜けませんねー!!