はるまついぶき

ミスチル 、Queenを愛する3歳児育児ママ。日々頭にある事を綴っていきます。

ドロンズ石本の過去記事を読んで、新婚旅行先で受けた人種差別を思い出した

ドロンズといえば【進め!電波少年番組内でのヒッチハイクの旅!

(※南北アメリカ大陸縦断ヒッチハイク。96年10月~97年12月)

中学生の頃毎週テレビに張り付いて観ていました!

電波少年 BEST OF BEST 雷波もね! [DVD]

電波少年 BEST OF BEST 雷波もね! [DVD]

 
電波少年事件簿[DVD]

電波少年事件簿[DVD]

 


23年前の番組なので20代の方はご存知ないでしょうか?

 

そんなドロンズ石本さんのヒッチハイク秘話についての過去記事をたまたま目にした私。

テレビで放送されることのなかった衝撃の内容に硬直しました!

アメリカ大陸横断中にピストルで発砲された!

f:id:niconicoyuri:20190127174637j:image

(画像、記事引用:News Walkerより https://news.walkerplus.com/article/77174/amp

 

旅の後半ミネソタ州ヒッチハイク中に前を通った車から

『アジアへ帰れ!クソ日本人!』と叫ばれたそう。

それくらいは良くあることで無視していたら、車がUターンしてきて、窓からピストルが…。

あわてて逃げたら、背後で“パンパン!”と発砲音。

急いで逃げ込んだ近所の農家の小屋で、ヒザがガクガク震えながら相方の大島、同行ディレクターの3人で、息を殺してじっとしていたそう。

 

幸い見つからず事無きを得たそうですが、万が一逃げ場所がなかったら、人生終わってましたよね。

アメリカって人種差別が酷い事は頭にありましたが、まさか発砲されるほどだなんて!

 

自分の人種がどれだけ偉いと思ってるんだ!?

信じられない気持ちと共に怒りがメラメラ。。

 

かくいう私も大の海外旅行好き。

これまで20ヵ国30回以上渡航している中で何度か『あれ?』と言う扱いを受けました。

 

命の危険という程ではありませんが、

今でも思い出す、『なんだこりゃ!?』な一件をご紹介。笑

 

自分達の部屋だけ客室番号がマジック手書きの紙。

今でも鮮明に覚えてます。笑笑

私が海外旅行慣れしていた事もあり、ツアーではなく個人旅行で行った新婚旅行。

 

ベネツィアからフィレンツェに到着してスーツケースを転がし、予約していたホテルへ。

チェックイン開始時間直後のお昼過ぎで、荷物だけ置いて観光に行こう!という予定でした。

 

『チャオ!』と笑顔で迎えられたフロントにて気持ちよくルームキーを受け取り部屋のフロアへ上がると・・・

自分達の客室番号が見当たらない。

f:id:niconicoyuri:20190201231606j:image

『え?どこだろ?無いね?』

なんて言いながらフロアを歩き回ると、、旦那が

 

『え?????まさかココじゃないよね?』

 

駆け寄ってみると

 

廊下の突き当たりのドアに【312】と白い紙にマジックで書いて貼られている。

(部屋番号は忘れました)

 

え?ルームキーの番号を見るとまさに【312】だけれど。

ドアの雰囲気ココだけ違くない?

しかも紙!?

f:id:niconicoyuri:20190201231624j:image

恐る恐る鍵を回すと、

ガチャ!

開いてしまったーーーー!笑笑

 

中に入ると一応ベッドとテレビも机も一通りある。けれど何だろう。

上を見上げるとむき出しの配管に、『厨房ですか?』的などデカイエアコン。笑

 

しかも、エアコンのリモコンも無いし、どこで調整するのか分からない。

 

で、トイレとバスルームはどこだ?

するとありました!

一番奥の暗闇に細〜い3段くらいの階段があり、そこを降りて暗闇を進むとトイレ&バスルームに繋がっていました。

 

何これ怖い。

しかもその暗闇廊下にあるセーフティボックスも故障していて閉まらない。

 

ってかココ客室なのか!?

 

と、突然思い出した!

そういえば日本でネット予約した時に口コミで気になっていた事が!!!

 

平均で基本★5つ〜4つはもらえている高評価ホテルなのですが、なぜかたまに日本人からの

★2や1の辛口コメントがあったのです。

f:id:niconicoyuri:20190201231636j:image

内容は

『部屋に暗くて細い廊下があり怖かった。』

『部屋がボロくて居心地悪い』

 

でも世界中からのコメントの9割は高評価だったので、たまたま故障部屋だったり、その人の捉え方だったりで感想は変わる。

こういうことって良くあるよなぁ。とホテル勤務経験からあまり気にしていませんでした。

 

こーゆう事か。。

日本人ってなかなか意見言ったり質問したりしないので、悪い部屋に通されているんだ。

 

これは自分のホテル勤務経験でも感じていた事。

同じクレームでも、中国人は超ーーうるさい。笑(良い意味でですよ)

欧米人も、的確に指摘してくるし、権利を主張してくる。

 

でも日本人は、気づかないのか?面倒くさいのか?仕方ないと思って諦めるのか?

何も言ってこないお客様が多かったのです。

 

あーーーもう!何この部屋!

馬鹿にしてんのか!?!?

メラメラと湧いてくる怒り。

 

英語が話せない旦那は

『どーしようか。セキュリティボックス壊れてるし、エアコンの事も聞いてみる?』

とわたしの反応を伺っています。

 

『聞かない!ルームチェンジさせる!(怒) 鍵変えてくるから待ってて!』

 

物凄い剣幕で出て行く私を静かに見送ってくれました。笑

f:id:niconicoyuri:20190201231651j:image

『ハイ!』と何食わぬ顔で出迎えるフロントマン。

 

『エアコンの調整できない。セーフティボックス壊れてる。あそこは客室?ルームチェンジしてください!』

と言うと、少し焦りながら

 

『エアコンはフロントに電話くれればこちらで調整するよ!貴重品は裏で預かるからさ!』

とにっこり笑顔でフロントバッグを親指で指差す彼。

 

『は?WHERE!?(←それドコだよ!怒)」

舐めんなよ、という怒りが身体中から出ていたと思います。

この一言で諦めた表情のフロントマン。

 

『ok、分かったよ』と別のルームキーを渡してきました。

 

ニッコリ

『thank you♡』

と受け取ると旦那の元へ!

 

ようやくチェックインできた正規の客室はとっても素敵な空間。

それ以降は(気まずさからか?)きちんと対応され、フロント前を通りかかると

笑顔で話しかけてくるほどでした。

 

新婚旅行という事もあり、きちんとした料金を支払って予約をしている。

もしもあの時、勇気がなかったら。英語が話せなかったら。。。

(観光英語レベルですが)

外国に旅行するときちんと権利を主張する事の大事さを常々考えさせられます。

 

今となっては笑い話。写真撮っておけばよかった。

お見せできないのが残念です。笑

 

外国人とやり取りする際のキーポイント

これは今回のクレーム時はもちろん、日常的にも大切なことです。

外国に旅行される際は参考にしてください。

 

①しっかり目を見て話す

→自信がないと思われると足元見られます。

②挨拶&質問は自分から

→英語が苦手な人ほど、会話の主導権を握ると楽になる。

③「イエス」「ノー」ははっきりと。

→あいまいな返事は伝わりません。意思を伝えるのに一番簡単な方法。

④店員を信用しない(良い意味で)

→クスねてくる人多い!おつりは必ず数える癖をつけましょう!笑

 

そうです、とっても基本的な事だけです。

私は英語が正直苦手ですが、①~③を常に心がけて会話しています。

 

最後に

経験は財産です。

世界中を旅行することって本当に素晴らしい。

海外旅行が大好きだからこそ、悔しい残念な思い出にはしたくない。

 

そのために自分で出来ることの知識を増やし、まだ見たことのない景色や異文化を楽しんでいけたら最高だなと思います。 

最後までお読みいただきありがとうございました。