はるまついぶき

ミスチル 、Queenを愛する2歳児育児ママ。日々頭にある事を綴っていきます。

青春まっしぐら!男子達のヘンテコ努力

3X歳になった今、突然思い出す昔の出来事。

そーいえばあんな事あったっけ。

アレがきっかけで別れようと思ったんだよなぁ。なんて。笑笑 (お互い様!?)

 

こんな経験私だけ!?今考えると笑える若き男子達の失態、個人的エピソードをご紹介。

 

バイクでヒラヒラ

f:id:niconicoyuri:20190428233227j:image

高1の時に2ヶ月だけ付き合った隣の高校の野球部エース君。まだ付き合いたてホヤホヤのとある日曜日に彼の家に遊びに行き、さて帰ろうとなりました。

 

彼の家はウチからバスで20分ほどの距離。その日も近くのバス停まで送ってくれることに。

 

すると突然、『廊下で待ってて、着替えるから』

なぜ着替えるんだ?謎だらけのまま待機。

 

『お待たせ!』出てきた彼はというと

デニムシャツにジーパンという上下デニム地スタイル!(しかもダサイやつ笑)

その姿を見ただけでだいぶ引いてしまい、言葉が出ない。笑

 

付き合いたてという事もあり、着替えた理由すら聞けなかった。

 

玄関の外に出ると、原付の免許を取ったばかりの彼が新しく買ったバイクを嬉しそうに見せてきました。

 

徒歩5分の場所にあるバス停に行くのになぜかバイクを引いて歩いて送ってくれる彼。嬉しくて見せたかったんだろうなぁ。

よく分からないけどいいや。

 

バス停に着くとすぐにバスが来てバイバイに。

『じゃあね!今日はありがとう!』

そう言って座席に乗り込んで窓の外を見ると、あれ?もう彼がいない。帰っちゃったのか?

f:id:niconicoyuri:20190428233236j:image

まだバスが出ていないのにいなくなってしまった彼に違和感を覚えつつ、バスが発車。外をみていると・・・

 

 

!?!?!?!?

 

 

い、、、、、いた!!!!汗

 

 

道路沿いに見える河川敷をブィーーーーンとかっ飛ばす一台の原付バイク。

バスが通ったかどうかこちらを何度も振り向いて確認しながら運転している彼。

デニムシャツのボタンが全開でヒラヒラとマントのように翻しているのは完全に計算づくだ!

 

 

 

 

 

 

 

ダッサ!!!!!!!!!!

 

 

 

史上稀に見るドン引きをくらい、そこから自然消滅を図り、お別れに持ち込みました。笑

それが2ヶ月しか持たなかった理由です。笑

 

 

 

帰り送るよ

f:id:niconicoyuri:20190505225637j:image

これもまたバイク。

大学4年の卒業間際に3ヶ月だけ付き合ったバイト先の彼氏。

 

私はその頃4月から就職予定のホテルにて研修も兼ねて週6でバイトを入れられ身も心もヘトヘト。

 

同じ職場で出会った同学年の彼は春から別のホテルで就職予定。

私よりも勤務日数が少なく、会いたいのに会えない苦痛を味わっていたよう。

 

そこで彼は毎晩遅くに終わる私のバイト後にホテルの出口で待ち伏せをし、『送るよ!』と言うのです。

 

付き合ったばかりのラブラブ彼氏に会えるのは嬉しい。送ってもらえるのも助かる。

でもその頃は年が明けたばかりの1月。とてつもなく寒かった。

そんな中バイクで1時間以上かけて送ってくれると。

 

 

なんというありがた迷惑!笑笑

 

でも彼の大きな愛を受け止めないわけにもいかず、嬉しそうに後ろに乗るしかなかった。

彼はフルフェイスのヘルメット。いつも私に貸してくれるのは顔が隠れないハーフタイプのヘルメット。

 

めっっっっちゃ寒い!!!

f:id:niconicoyuri:20190506200446j:image

おまけに真冬のバイクって膝がキンキンに冷えて感覚無くなるんじゃないか?というほど痛いんです。

 

一日中立ちっぱなしで遅くまで働いてボロボロになった体をさらにここで痛めつける感じ。

 

 

それなのに奴は、信号で止まるたびに

『さみぃ〜〜〜!!!!!』

と言い、寒さしのぎに彼のダウンポケットに入れていた私の手を引っこ抜いて自分のキンキンに冷えた膝を温めろと言わんばかりに載せさせられます。

 

ようやくウチに着いたと思ったら、バイクを停めてその上に座り、イチャつきたいアピール。

 

時刻は23時過ぎ。

 

1時間以上かけて送ってもらった手前、そこから30分は付き合わないと『帰ろう』と切り出せなかった私。

 

 

 

あーーーーシンドイ。

 

 

『大変だし時間も遅いから送ってくれなくて大丈夫だよ!私は電車で帰れるし』と何度も切り出しましたが、『送りたい』とのこと。

 

 

このKY野郎!笑笑

 

 

もうーダメだ!別れたい と思った1番の原因。

それは、ようやくバイバイして帰宅、疲れで朦朧としながらお風呂に入り、ベッドに倒れこんでそのまま就寝。。

となると翌日彼はきまって機嫌が悪くなっている事。

 

 

自分は1時間以上もかけて寒い中一人で帰っている。

自分が帰宅するのを待って、『無事帰れた?送ってくれてありがとう、おやすみ!』というやり取りが欲しいのだそうだ。

 

 

 

 

 

は!!!!!!?

そんなの知るか!笑笑

 

 

 

 

 

この彼もアッサリ別れてしまいました。

幸せいっぱいというより、満身創痍の3ヶ月でした。

ハッキリ嫌だと言えなかった自分も悪かったと今となっては反省。

 

 

チラ見せ

f:id:niconicoyuri:20190506200830j:image

顔は綺麗な爽やかイケメンなのに実は隠れマッチョという男子と20代後半、いい感じの雰囲気に。

 

いい感じといっても、関係を持っていたわけではなく、何度かデートを重ね、あとは告白待ちのドキドキワクワク状態。

 

とあるデートで行った富士山の見えるスーパー銭湯

館内着の浴衣を着て休憩所でゲームをしたり漫画を読んだり。初めて見た彼の浴衣姿にドキドキ楽しく過ごしていました。

 

一通り休んで、最後にもう一度お風呂行ってこよう!となり前を歩く私。後ろからついてくる彼をふと振り返ったその瞬間・・・!?

 

 

 

 

 

浴衣の胸元を指先で広げている!!!!!笑

ヤッッッッバ!!!!!!!

 

 

 

 

 

浴衣の乱れを治すのではなく、広げていた!

こんな所で胸筋チラ見せに励むな!笑

f:id:niconicoyuri:20190506201055j:image

盛り上がっていた彼への気持ちが一気に冷めた瞬間でした。

これだからマッチョ、無理なんだよ。(←偏見)

そこから自然と距離を取り、消えていきました。笑

 

 

 

 

最後に

こんな事でダメになったのか。他人事で読んでみるとなんだか笑えるのに。恋愛ってつくづく難しいものですよね。

若き日の思い出、本人達は至って真面目な所がまた面白い!

ヘンテコだけれど、それもお互い様。きっと私の事もこんな風にネタにされていることでしょう。笑

バイクの彼も、マッチョくんも、みなさん今ごろ幸せに頑張っていらっしゃる事をお祈りいたします。